アレッタ姫路

Aletta 株式会社アレッタ

ARTICLES ARCHIVE

月別: 2018年9月

家づくり「なんでも」相談会2018.9.23

はじめての家づくりは不安なことだらけ…

お金のこと、土地のこと、

家の間取りやデザイン、性能など

わからないことだらけなのは当たり前!

そんな家づくりビギナーのご家族様向けに

家づくり「なんでも」相談会を開催いたします

例えばこんなお悩みをお持ちの方

・とりあえず何から始めれば良いのかわからない!

・ローンを払いながら貯蓄も出来るかな…

・皆はどうやって住宅会社を決めているの?

・住宅会社は営業されそうで本音で相談できる場所がない…

・税金や「諸費用」といわれるお金はどれくらいかかる?

・土地も買わなければいけないけど、どうしたら良い?

・親族の土地をもらうけれど気を付けるべきことは?

などなど

具体的なお悩みでも

ざっくりしたお悩みでも

なんでもご相談いただけます!

(※ご相談内容を予約フォームの「ご意見・ご要望等」にご記入いただくとスムーズにご案内させていただけます。)

当然アレッタの商品に関する営業は一切無し。

キッズスペースもご用意しておりますので

お気軽にご相談いただき

安心して家づくりをスタートさせてください。

※ご都合の良いお時間でご予約ください。

(当日予約の場合はお電話にてお申込みください)

なるべく多くのお客様にご利用いただけるよう

1家族様2時間の時間制限を設けさせていただいております。

[好評につき追加開催]増税前資金計画セミナー2018.9.23

好評につき追加開催決定!

消費税増税までに家づくりをお考えの方
特に「土地からの家づくり」の方にとっては
今回が増税前のラストチャンスです!

---------------

「いつかは夢のマイホーム!」
…と思ってはいるものの

35年という長い住宅ローン
家づくりに必要な諸費用のこと、
建ててからかかる税金やメンテナンス費…
お金のことを考えると不安になりますよね。

でも、家づくりやお金のこと
いったい誰に相談したら良いのだろう??と
悩んでらっしゃる方も多いはず。

まだどこで建てるか決めているわけでもないのに
住宅会社の営業マンに相談して
営業をされるのも怖いし、

銀行ならローンのことはわかるけど
家にかかる費用はわからないし、

実際に家づくりを経験した友だちにも
お金のこととなると聞きにくい…。

しかし、きちんと勉強しなかったが故に
「なんとなく」「言われるがままに」住宅ローンを組んで
後悔している方が大勢いらっしゃるというのも事実。

---------------

アレッタではすべてのご家族様が
きちんと安心した状態で
はじめての家づくりをスタートしてもらえるよう

家づくりに関するお金の知識と
あなたの家計とライフスタイルにあった
資金計画のたて方を一緒に考える
「家づくり資金計画セミナー」
を開催しています!

■返済が苦しくならない資金計画のたて方
■家づくりにかかる諸費用の全貌
■税金や助成金など家づくりに関わるお金のあれこれ
■家づくりの正しい進め方

など一緒に勉強していきましょう!

当然、アレッタの家に関する営業は
一切ございません。

増税前に新築をお考えの方にとっては
最後のチャンスになるかもしれませんので
ぜひお早めにお申込みください。

---------------

 

※予約制
専用の予約フォームから希望の日時を入力しお申込みください。

※お子様のご来場も大歓迎!
お子様が楽しめるキッズスペースをご用意。
予約フォームの「ご意見・ご要望」の欄にお子様の年齢を記載いただけましたら
セミナー中はスタッフがお子様のお相手をさせていただきます。
 

 

土地によっては余計にお金がかかる場合があるって本当ですか?2018.9.13

それぞれの土地の状況によって、必要となる工事費用は変わってきます。

よくある例で言うと、上水道が敷地内まで引き込みされていない場合、接道している道路からの引込工事が必要となります。
設置する場所から水道管までの長さによって費用が変わりますが40万円~100万円程度みておくと良いでしょう。

また、道路から見て地盤面が上がっている、あるいは大きく下がっている土地の場合も
道路と敷地の高さを合わせるための工事が必要になる場合があります。

その他、前面道路に歩道がある場合には車を入れるために歩道を切り下げる工事が必要ですし、
既に建物が建っている場合は既存の建物の解体費用、
元々畑や田んぼとして利用していた土地であれば造成や擁壁の費用などその種類は実に様々です。
(※別途費用が発生しない場合ももちろんあります!)

不動産屋さんは、土地にかかる費用のことは詳しいですが、その土地に建物を立てる場合にかかってくる費用まで詳しいという方は意外と少ないようです。
土地の購入の前には、必ず建築会社さんや工務店さんにご相談することをおすすめします。

よくある家づくりの失敗例を教えてください(お金・ローン編)2018.9.13

「家づくりにかかるお金をきちんと把握していない」

住宅会社から提示される坪単価をそのまま「住宅取得にかかる費用」だと勘違いしていて
他にかかるオプション工事や諸費用までをきちんと把握しておらず家が完成して見ると大幅な予算オーバー。

⇒住宅会社主催のセミナーなどに参加して必要な諸費用や税金、住宅ローンについて
基本的な知識を身に着けておきましょう。

また気になる住宅会社がある場合は、何が「標準仕様」で何が「オプション」なのか
自分たちが建てたい家はどれくらいのお金がかかるのかきちんと確認しておくことも重要です。

 

「住宅ローンの契約に失敗した」

銀行や住宅会社の営業マンに提示された「借りられる金額」でローンを組んでしまい
返済は何とかできているけど生活はちょっとしんどい…となってしまった。

⇒たとえ世帯年収が同じでも家族構成やライフスタイルによって
住宅ローンで「借りてもいい」金額は違います。

最近の住宅会社ではファイナンシャルプランナーよるライフプランを行う会社がかなり増えています。
そういったものを利用し家を建てた後の生活を考えながら無理のない返済計画をたてていきましょう。

 

「とりあえず自分たちで土地を探して契約してきた」

不動産会社から土地契約の約2ヶ月後に土地の決済(土地代金の支払い)だと言われたので
住宅ローンを利用するために銀行へ行くと建物の契約書が必要だと言われてしまい
2ヶ月で住宅会社を急いで選び間取りと見積もりも確定させなければならなかった。
(しかも、場所と価格だけを基準に土地を選んでしまったため、思っていたような間取りが入らなかった!)

⇒家づくりにも順番があります。
土地を探すときは必ず住宅会社を通して行い土地と建物の総額や間取り、
住宅ローンのスケジュールをきちんとクリアにした状態で進めていきましょう。

親からお金の援助があった場合、気を付ける事はありますか?2018.9.13

家を購入する際にご両親から資金のご援助をいただくというケースは珍しくありません。

しかし、いくらご両親といえど
こういった資金の援助を受けた場合贈与税を納めなくてはなりません。

ただし、住宅取得をする際には特別に低減措置が設けられています。
1年間にもらった財産の合計額が110万円(基礎控除額)以内であれば贈与税はかかりませんが、
それを超える場合、親や祖父母から資金の贈与を受けた場合でも一定額までは非課税にすることができます。

非課税金額は契約時期や住宅の種類によって異なりますが
一般住宅の場合は2500万円まで
長期優良住宅など高性能な住宅であれば3000万円まで非課税となります。
年々非課税金額は縮小傾向にあり早いタイミングでの活用が効果的だと言われています。
(消費税率10%が適用される新築を購入し2020年3月末日までに契約を締結された方に限ります)

ContactContact

お電話でのお問い合わせ0792408623[営業時間]10:00~18:00(定休日:毎週水曜日)