アレッタ姫路

Aletta 株式会社アレッタ

BLOG

ブログ

つなぎ融資ってなんですか?2019.6.11

ローンの一種と思ってください。
通常住宅ローンは担保となる家が完成してから融資が行われます。

建売と呼ばれる既に完成している建物を購入する場合は
引き渡しのタイミングで融資を実行してもらい
購入代金を支払えばよいので問題はありませんが

注文住宅を建てる場合は建築費用を「分割」で支払うことになります。
金額は住宅会社によって異なりますが

一般的に
・着工時
・上棟時
・完成時
の3回に分けて契約金額の3分の1ずつお支払いする場合が多い様です。

例えば建物代金が2100万円の場合
「着工時」「上棟時」にそれぞれ700万円ずつ、
計1400万円を建築期間中に支払わなければなりませんが
住宅ローンの融資は完成時まで実行することはできません

ではその1400万円の支払いはどうやって行うのか?
これだけの金額を自己資金で支払えるという方は
ほとんどいらっしゃいません。

そこで登場するのが『つなぎ融資』です。
『つなぎ融資』を利用すれば着工時や上棟時に必要な
中間金を一時的に用立てることができます。

つなぎ融資の借り入れは建物が完成し
住宅ローンが実行されたらその融資金で返済するので
あくまで「つなぎ」として利用するかたちです。
(このつなぎ融資は土地購入の段階から利用可能です)

 

このつなぎ融資を利用する際は
別途利息や手数料、印紙代などが発生しますのでご注意ください。

またつなぎ融資の利用中は利息の支払いのみが発生
元金の支払いはありませんが、
つなぎ融資の利息は住宅ローンと比較して利率が高い場合が多く

建築期間中、毎月数千円~数万円の支払いが発生するので
事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

アレッタで定期開催している家づくりセミナーでは
さらに詳しく『つなぎ融資』や『住宅ローン』について
ご説明させていただいております。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

【例】
土地1200万円・建物2100万円で購入した場合

土地購入時1200万円のつなぎ融資

(1200万円分の利息支払い:月々数千円~数万円)

着工時700万円のつなぎ融資

(1900万円分の利息支払い:月々数万円)

上棟時700万円のつなぎ融資

(2600万円分の利息支払い:月々数万円)

完成…住宅ローンの融資実行され、つなぎ融資分は返済

« »

ContactContact

お電話でのお問い合わせ0792408623[営業時間]10:00~18:00(定休日:毎週水曜日)