アレッタ姫路

Aletta 株式会社アレッタ

ARTICLES ARCHIVE

カテゴリー: Q&A

よくある家づくりの失敗例を教えて欲しい(間取り編)2019.8.5

家づくりでは多くの人が間取りについて、何度も打ち合わせを重ねて決めていくことが多いです。しかしそれでも、失敗してしまうことがある間取り。
特に注文住宅の場合、自由設計なぶん建てる住宅会社によってはお客さんから「こうしたい!」とはっきり伝えることができないと、なかなか思い通りに進んでいかなくてモヤモヤしてしまうことも…。
ここでは間取りの失敗例をいくつかご紹介します。それを踏まえ、間取り選びを成功させるにはどうすればよいのか考えてみましょう。

リビング
家族が集うリビングの間取りは、「家具を置く位置をイメージしていなかった」「朝日が直接テレビにあたるので、まぶしくて見えにくい」といった声が多くあるので、テレビやソファ、ダイニングテーブルなどの家具を置く位置も考えて間取りを決めましょう。
また、置く家具の大きさが事前に決まっていると家事動線の計画を間取りの段階から考えることができるので、住宅会社の人に家具まで合わせてしっかり相談しましょう。

吹き抜け
吹き抜けは、「寒い」「光熱費がかかる」という声が多数。取り入れる場合は高い断熱性や、家全体の温度差が少なくなる工夫が必要かもしれません。
また、何のために吹き抜けをつくるのか目的をハッキリさせておくと良いでしょう。

寝室
寝室では「道路に近くてうるさい」「東側や南側の窓がまぶしい」という声があります。落ち着いて寝られる空間になるよう、日当たりや部屋の位置、窓の大きさを工夫しましょう。

収納
収納スペースをとにかくたくさん取りたいというご要望も多いですが、「パントリーが広すぎて物が取り出しにくい」「リビングから遠くて不便」と、失敗談も多い場所。実際に使うシーンやどんな物をしまうのかをイメージして間取りを決めると失敗が減らせるのではないでしょうか。
また収納はあったらあっただけ物が増えてしまうもの。収納を考えることで、今の生活に本当に必要な物はなにか吟味し、生活改善につなげるチャンスにもなります。

和室
客間として使うこともある和室は、「リビングとつなげればよかった」との声が多数。リビングのそばに畳のスペースがあれば小さいお子様のいる家庭ではごろんと転がって遊ぶスペースとしても使え、リビングの使い方の幅を広げてくれるようです。

ゴミ箱の置き場所
キッチンでは食器や家電製品の置き場所ばかりを考えてしまいがちですが、思いのほか大きなスペースが必要になるのがゴミ箱です。「ゴミ箱の置き場所を考えていなかった」「分別するために何個も必要で、用意したスペースでは狭かった」といった失敗があります。
カップボードなどを造り付で作る場合は、どんなゴミ箱を置くかイメージしておくとスペースを取りやすいと思います。

コンセントが足りない
キッチンでは炊飯器やレンジ、冷蔵庫だけでなく、トースターやコーヒーメーカー、ジューサー、ミキサーなど、多くの家電を使います。「コンセントが足りなくて後悔」という声も多いので、少し多いと感じるくらいにつけておきましょう。

実際の暮らしをイメージして間取りを決めるために、今ある持ち物や新築で置く家具の大きさなどを先に住宅会社に相談しておくことで失敗のない間取りづくりを目指してくださいね。

家づくりではどんな税金がかかりますか?2019.7.20

家づくりでは消費税をはじめ多くの税金がかかるほか、知っていないと受けることのできない控除や給付金、優遇制度などが数多くあります。税金のことはなんだか難しい気がしてなかなか調べるのも後回しになってしまいがち。

でもせっかくの一戸建て、お金のことで失敗したくないですよね。お家づくりを始める前に税金のこともきちんと知って、後悔や失敗の無いお家づくりを目指してください!

消費税…消費税の課税対象で主なものは建築費で、土地代金は非課税となります。ただし、土地関連でも造成費、地盤改良費、不動産仲介手数料、登記費用、融資手数料などは課税対象になります。

不動産取得税…住宅と土地購入時にそれぞれ一回だけ課税。税額控除があります。(2019年7月現在)

固定資産税・都市計画税…住宅と土地を所有している期間に毎年課税。軽減税率があります。(2019年7月現在)

印紙税…土地の売買契約書や住宅の請負契約書作成時に課税。

贈与税…父母、祖父母などから贈与を受ける場合、通常は基礎控除の110万円を超える部分に課税。ただし住宅取得等資金の贈与の場合非課税額の増額があります。(2019年7月現在)

住宅ローン減税…住宅ローンを利用してマイホームを取得した場合、住宅ローンの年末残高を基として所得税から控除されます。また所得税から控除しきれない場合は住民税からも控除があります。

以上がお家づくりに関わる税金です。税額控除や軽減税率はお家を建てる年や住宅の性能によって変わりますので、ハウスメーカーや工務店の人にその都度聞いて確認をしましょう。

また、今回は税金のことなので詳しくは書きませんが、所得に応じてもらえる給付金や、お住まいの地域によって支給される支援金制度などもありますので、お住まいの自治体かモデルハウスや完成見学会などのイベントで工務店のスタッフなどに聞いてもれがないように申請をしておく事をオススメします。

姫路では新築に対する支援金は今のところ(2019年7月現在)ありませんが、お隣のたつの市や赤穂市などではそういった支援金制度が充実している地域もあります。

注文住宅を建てる場合、一度にたくさんのことを考えなければいけない期間が長く、申請を一つ忘れてしまっただけで何十万円も損してしまうことがあります。

住宅会社選びでは税金のことや申請手続きのこともしっかりサポートしてくれるかどうかも、お家づくりを進める前に確認をする重要なポイントです。

土地からの購入を考えていますが気を付けることはありますか?2019.6.17

一番気を付けなければいけないことは土地を買うタイミングです。

姫路で注文住宅を建てる場合、
半数以上の方が土地から購入されていますが
多くの方が「土地を買うタイミング」で家づくりを失敗されています。

「ローン特約期間」をご存じでしょうか?

この期間内に住宅ローンの「ローン審査」を受けて、
土地代金を支払うことになるのですが
通常1.5~2カ月程と、とても短い期間であることが多いです。

その間に「住宅会社選び」、「間取り決め」、
「建築請負契約」、「ローン審査手続き」など、
たくさんのことを決めなければならず、

「検討する時間がなかった」
「期間が短くこだわりを叶えることができなかった」
「急いで決めてしまったため予算オーバーしてしまった」

と後悔されてしまう方が多いそうです。

そうならないために、
土地は“購入までの準備”をして“一番最後に買う”ことを意識してみてください。

ハウスメーカーや工務店に土地探しを頼むときも、
まずは家や予算の相談をしっかりしてから最後に探してもらうと
短い期間で希望の土地を見つけやすいので参考にしてみてくださいね。

施主様の「アレッタを選んだ理由」が知りたい2019.6.11

ご契約時に施主様にご記入いただくアンケートより
『アレッタを選んだ理由』を
いくつか掲載させていただきます。

 

■標準仕様がよく思っている家が建てられそうだと思ったから

■担当者のサポートが素晴らしかった

■私(奥様)はデザイン重視、主人はスペック重視でしたが、その両方が納得できるものだったので決めました。

■モデルハウスも実際の家も違いがあまり無く、安心して任せられると思った

■自然素材を使っているところ。扉などがすべて可愛い。

■契約前のプレゼンテーションに感動した

■おしゃれだったから

■テラスが魅力的だった

■モデルハウスを見た時「これや!」と思った(←1番多い理由です。笑)

つなぎ融資ってなんですか?2019.6.11

ローンの一種と思ってください。
通常住宅ローンは担保となる家が完成してから融資が行われます。

建売と呼ばれる既に完成している建物を購入する場合は
引き渡しのタイミングで融資を実行してもらい
購入代金を支払えばよいので問題はありませんが

注文住宅を建てる場合は建築費用を「分割」で支払うことになります。
金額は住宅会社によって異なりますが

一般的に
・着工時
・上棟時
・完成時
の3回に分けて契約金額の3分の1ずつお支払いする場合が多い様です。

例えば建物代金が2100万円の場合
「着工時」「上棟時」にそれぞれ700万円ずつ、
計1400万円を建築期間中に支払わなければなりませんが
住宅ローンの融資は完成時まで実行することはできません

ではその1400万円の支払いはどうやって行うのか?
これだけの金額を自己資金で支払えるという方は
ほとんどいらっしゃいません。

そこで登場するのが『つなぎ融資』です。
『つなぎ融資』を利用すれば着工時や上棟時に必要な
中間金を一時的に用立てることができます。

つなぎ融資の借り入れは建物が完成し
住宅ローンが実行されたらその融資金で返済するので
あくまで「つなぎ」として利用するかたちです。
(このつなぎ融資は土地購入の段階から利用可能です)

 

このつなぎ融資を利用する際は
別途利息や手数料、印紙代などが発生しますのでご注意ください。

またつなぎ融資の利用中は利息の支払いのみが発生
元金の支払いはありませんが、
つなぎ融資の利息は住宅ローンと比較して利率が高い場合が多く

建築期間中、毎月数千円~数万円の支払いが発生するので
事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

アレッタで定期開催している家づくりセミナーでは
さらに詳しく『つなぎ融資』や『住宅ローン』について
ご説明させていただいております。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

【例】
土地1200万円・建物2100万円で購入した場合

土地購入時1200万円のつなぎ融資

(1200万円分の利息支払い:月々数千円~数万円)

着工時700万円のつなぎ融資

(1900万円分の利息支払い:月々数万円)

上棟時700万円のつなぎ融資

(2600万円分の利息支払い:月々数万円)

完成…住宅ローンの融資実行され、つなぎ融資分は返済

ContactContact

お電話でのお問い合わせ0792408623[営業時間]10:00~18:00(定休日:毎週水曜日)