お家のこと

【アレッタの家づくり】将来を考えた子ども部屋の間取り、レイアウト

こんにちは、姫路工務店のアレッタ広報担当の前田です。

家を建てる際、多くの人が悩む子供部屋。
家づくりを始められたお客様の中にはまだお子様が小さい方も多く、「子どもが増えるかもしれないから部屋数が決められない」など、子ども部屋をどう考えたらいいのか迷われる方が多いです。

子ども部屋が、他のスペースと明らかに違うのは「必要な期間が短い」という点です。
子どもは成長し、ゆくゆくは就職や大学進学で実家を離れて独立する可能性が高い存在です。実際「実家の自分の部屋が、今は物置になっている」という方も多いのではないでしょうか。

たとえば…建てた当初は子どもが1人でその先の予定がわからない、
小さいうちは子どもたちが1つの部屋で一緒に過ごすほうが良いけれど、
将来的には一人ひとりに個別のスペースを与えたいと考えているご家庭には「可変性のある空間」を子ども部屋にするのがおすすめです。

↑広々とした11帖の子ども部屋。将来、用途に応じて間に壁を入れて2部屋に分割できる

お子さんの成長や家族構成、ライフスタイルの変化に合わせて、使い方を変えることができます☺

子供部屋のベストなつくり方はケースバイケース。子どもの人数、性別、年齢、数年後のライフスタイルなどによって変わってくるので、じっくり検討することが大切ですね。

関連記事

  1. お家のこと

    家づくりのタイミング

    皆さまこんにちは、アレッタの家づくりアドバイザー杉浦です(^^)/…

  2. お家のこと

    【姫路工務店アレッタ】~モデルハウス見学会&家づくりなんでも相談会のご案内~

    こんにちは、姫路工務店のアレッタ広報担当の前田です。大人気のモ…

  3. お家のこと

    ものづくりストーリー ~塗り壁~

    こんにちは、姫路工務店のアレッタ広報担当の前田です。今回は弊社のも…

  4. お家のこと

    新モデルハウス本日Open!

    おはようございますアレッタの注文住宅アドバイザーをしている坂口…

  5. お家のこと

    間取りって難しい!よくある家づくりの失敗!

    皆さまこんにちは、姫路の工務店アレッタの杉浦です(^^)/お盆休み…

  6. お家のこと

    ライフスタイルに合わせた洗面台の造作家具をご提案

    こんにちは、姫路工務店のアレッタ広報担当の前田です。朝起きた時や、…

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP